涙やけの原因と通販のドッグフードの使い方

可愛い愛犬が涙やけでお悩みの飼い主さんは意外と多いです。涙やけとは、本来活発に働いているはずの犬の涙腺(鼻涙管)が、アレルギーや、その他なんらかの原因でつまって起こることが多く、他にも原因は様々ですが、症状としては、

 

  • 目の周りの毛が固まって抜けてしまう
  • めやにがすごくて、取っても取っても毎日続く
  • 目の周りの毛の色が焼けたように変わってしまう

 

などといったことが主に挙げられます。犬自体は、涙やけになっていても比較的元気なことが多いので、目の中にごみが入ったりしたのかな・・・、などと思って放っておくと、もっとひどくなってしまうことがあります。犬はお話しできないので、本当はとても辛いのかもしれません。放っておく前に、原因を知り、できることは飼い主としてやってあげたいですよね。

 

 

 

涙やけの原因には、普段の食事も関係している

 

 

今まで涙やけなど起こったことがないのに突然起こった、などの場合には特に、最近の愛犬の食事が関わっていることがあります。もちろん、そうでないこともあり、遺伝的なものであったり、何かのアレルギー症状として出ていることもありますが、ドッグフードを変えることによって治ることもあるので、涙やけに効くとされているドッグフードにはどんなものがあるのか、いくつかご紹介したいきたいと思います。

 

実は、海外からの輸入品のドッグフードで、特に無添加にこだわっているものの中に、涙やけに有効な成分が多いことがあります。有名なドッグフードを挙げると、「カナガン」、や、「NDFナチュラルドッグフード」などが代表的です。では、それらドッグフードの成分の、何が涙やけに有効なのか、例を挙げながら説明していきます。

 

 

 

海外からの輸入品であるドッグフードの特徴

 

 

先に挙げたドッグフードの共通点は、まず、「イギリス産」であるということです。そして、通販でもすぐに買える、というところも共通しています。動物病院などでも購入できるのですが、通販で買ったほうが安い場合が多いので、通販がオススメです。

 

そもそも、なぜイギリス産がいいのか、というと、イギリスでは、犬や猫などのペットに対する認識が日本に比べるととても高く、イギリスでは無添加で犬によいとされる成分がたくさん入ったドッグフードが非常に人気があるからです。そして、その成分のどんなところが涙やけに効くのか?と言うと、非常に高たんぱく質であり、犬の体内への吸収率が高くなるような成分が効きます。

 

成分の具体例を挙げるとこうなります。

 

  • チキンやラム肉などを、無添加で非常に高い比率で配合している(高たんぱく質である)
  • 犬の体内への吸収率を上げるような成分を配合している
  • グレインフリー(穀物不使用である)

 

体内への吸収率を上げることと、グレインフリー(穀物不使用)であることは、イコールとなっています。なお、NDFナチュラルフードの場合には穀物も入っていますが、とうもろこしなど消化の悪いものが使われていません。

 

これはどういうことかと言うと、犬のたんぱく質の体内への吸収率を非常によく上げやすく作られている、ということです。

 

結果として、体内への吸収率が高いと、余分なたんぱく質や老廃物が涙腺(鼻涙管にも)たまりにくくなる、ということなのです。つまり食事による原因とは、たんぱく質などの吸収率が悪いために余分なたんぱく質や老廃物が涙腺にたまってしまう、ということなのですね。

 

普段の食事に原因がある場合、この、栄養の「体内への吸収率」が悪くなっていることが原因として考えられるので、その場合には、こういった、吸収率が高く消化もよいドッグフードを選ぶことで、症状が改善される場合がありますので、オススメです。

 

⇒吸収率のよい最高級のグレインフリードッグフーはこちらをチェック!

 

 

そして、なんと言っても欠かせないのが、犬の食事の体内への吸収率を上げながら、水分を多く摂らせる、ということです。水分摂取は、涙やけにとってとても重要になってきます。質の良いイギリス産のドッグフードは通販で簡単に購入できるので、値段は多少高めではありますが、まずはこういった食事療法と水分摂取で対処療法をしてみて、それでもなかなかよくならない、というときには、別の原因が考えられますので、すみやかに病院へ連れていってあげましょうね。

 

 

⇒カナガンは小型犬におすすめ!トップページはこちらです。