ドッグフードを手作りしてみよう!

ドッグフードを手作りする際は、こういった食材を使って下さい!

 

【炭水化物】
・じゃがいも、さつまいも
・白ご飯、前夜に余ったお米
・食パンやパスタ、マカロニ、うどん

 

【たんぱく質】
・牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉、羊肉

 

【糖質】
・ひまわり油
・ごま油
・オリーブオイル
・コーン油
・紅花油

 

【ビタミン】
・チーズ
・緑黄色野菜
・マンゴー
・ひじき
・えんどう豆
・きなこ
・うなぎ
・豚肉
・ごま
・大根の葉

 

【ミネラル】
・パセリ
・エビ
・よもぎやホウレンソウ
・干しシイタケ
・海苔
・牛もも肉
・干しわかめ
・干しひじき
・オレンジ、グレープなどの果物

 

手作りフードは、体質改善効果が期待できます。
肥満の愛犬や疾患を抱えている愛犬には
ぜひ手作りフードを与えたいですね。

 

でも、犬には「食べてはいけない食材」があります。
今紹介した食材以外にも、犬にとって良い栄養がたくさんはいっている
食材は多々ありますが、「食べてはいけない食材」を必ず
事前に確かめてから手作りフードにチャレンジして下さい。

犬が食べてはいけない食材

犬には、食べてはいけない食材があります。
人間はほぼ、「絶対に食べてはいけない食材」ってありませんよね。
基本雑食ですから、生のもの以外はなんでも食べて大丈夫。
人によってはアレルギーなどがありますから
食べてはいけないものもありますが

 

犬は、共通して食べてはいけない食材があります。
たとえばネギ類。たまねぎやねぎ、にんにくなど
ネギエキスが入っているスープなども食べてはいけません。

 

チョコレートや糖分の多い食材もNG
消化することができないため体を壊してしまいます。

 

「犬はミルクが好きだから」と牛乳を与えるのもNG
牛乳をそのまま与えてしまうと、犬の健康にとっては悪い影響を与えます。

 

犬には犬用のミルクがありますし、
ドッグフードなどは犬が食べてはいけない食材を考えて
作られているのです。

 

では、手作り食を作る場合どうすれば良いのか?
食べてはいけない食材を完璧に覚えておく必要があります。

 

食べてはいけない食材や、その子にとって良い栄養が入っている
手作り食を与えると愛犬にとっては、健康食、または療法食となります。

 

愛犬の健康を考え、手間暇をかけたいというのなら
ぜひ手作り食をおすすめします!

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

⇒カナガンは小型犬におすすめ!トップページはこちらです。