カナガンを愛犬に与えると便が臭くなるし、黒くなる?そのわけとは

英国産で、今ドッグフードで人気のカナガンですが、もう試した飼い主さんや、これから試そうとしている飼い主さんにとって、カナガンを与えると便の臭いがきつくなる、などの話や体験談は気になりますし、原因は一体何なのか、についてとても興味があるのではないでしょうか。

 

実際に、カナガンを与えると、犬でなく、猫でも便の臭いがきつくなったり、黒くなったりします。

 

その理由は、ずばり、カナガンの成分にあります。

 

一般的に売られているドッグフードでも、たまに見かけるのが、「便の臭いを抑える」といったものがあります。それくらい、飼い主さんにとって、愛犬の便の臭いというものは室内犬であれば特に、気になってしまう問題のひとつですよね。すぐに片付けてしまえばいいのですが、働いていて、1日中相手ができない、というような飼い主さんにとっては特に、帰ってきたらトイレの便の臭いがひどかった・・・という状態は、悩みの種になったりもします。

 

では、カナガンを与えるとなぜ、便が臭うのでしょうか。

 

 

 

1.1 カナガンを与えると、便は臭くなるし、黒くもなる

 

 

臭くなる原因も、黒くなる原因も、すべてカナガンの成分にあります。

 

カナガンは、まず、無添加です。そして、グレインフリー(穀物不使用)の代わりに「さつまいも」を使用しています。このさつまいもが、主な原因です。

 

人間でも、さつまいもを食べると便秘が治ったり、おならが出たりしますよね。あの原理と一緒で、さつまいもによって、愛犬の腸内環境が劇的に変化することにより、便が臭くなり、また、黒くなります。

 

カナガンの中には、犬の便の臭いに配慮した成分が一切入っていません。犬にとって不要であると思われる成分を入れていないからです。すると、今までは犬特有の便の臭いに配慮した成分が少しでも入っているドッグフードを食べていた犬は、必ず便の臭いがきつくなります。

 

黒くなるのはなぜか、というと、これも、腸内環境の変化によるものなのですが、「宿便」というものを知っていますか?「宿便」とは、普段排泄している便の残りかすのようなもので、どんな人でも、また、犬や猫でも、多少は腸内に残っています。

 

この「宿便」がすべて出るようになるとどうなるか、というと、便が、驚くほど真っ黒になるのです。長い間腸内にこびりついていた宿便は、色もより濃くなっているからです。

 

そして、もうひとつ、便の臭いと、色が黒くなる原因があります。

 

 

それは、チキンの摂り過ぎによるものです。

 

 

さつまいもパワーによって、腸内環境は格段によくなりますが、それと同時進行して、カナガンにたっぷり含まれる「チキン」のたんぱく質は、余ると体内にどんどん溜まっていきます。
溜まったたんぱく質は、そのほとんどがいずれ使われてなくなっていくものですが、運動量の少ない犬や、食べる量が多い犬は、たんぱく質がより溜まってしまう傾向にあります。

 

すると、余って溜まったたんぱく質も、犬の体内で、排出しよういう働きが起こります。つまり、無駄なたんぱく質を排出しているから便の臭いが臭くなったり、色が黒くなったりするのです。

 

 

 

そもそもカナガンは見た目もけっこう色が濃い感じがしますが、あれはカナガンの成分のせいであって、着色料ではありません。そして、フードの色が濃いから、便の色も黒くなる、ということもありません。

 

関係があるとすれば、ずばり「さつまいも」です。

 

さつまいもを無添加で配合していれば、フードの色も黒くなりますし、さつまいもに含まれるでんぷんやマグネシウムなどの成分がそのまま色として出てきている、ということもあります。

 

便が臭うことについての対処法としては、まず、原料がさつまいもであるという点で、諦めるのが一番ですが、あまりにも臭いがきつい、といった場合には、もしかしたら愛犬の腸内環境に逆に負担をかけているのかもしれません。すっきりすることはいいことですが、毎日、何ヶ月経っても、臭いがきつい、色も黒くなってきた、という場合は、カナガンの成分が愛犬にとって多少負担をかけているかもしれないので、カナガンだけをあげすぎないようにしたり、たんぱく質の摂り過ぎに気をつけるようにしましょう。。

 

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

⇒カナガンは小型犬におすすめ!トップページはこちらです。