ポメラニアンとカナガンはどんなところが合うの? 詳しい成分や理由など

小型犬の中でも、ポメラニアンは見た目も性格もとても人気のある犬種として知られています。運動量も、少なくはなく、また、人気の的になるのがその美しいふわふわの被毛ですよね。日頃のお手入れがけっこう大事になってきますし、さらに可愛く健康であってほしいポメラニアンの飼い主さんにとって、日頃与えるドッグフードについてはとても真剣に考えている人が多いのではないでしょうか。

 

今、カナガンというドッグフードが人気となってきています。カナガンは、イギリスが原産国のドッグフードで、その成分が犬にとって非常にいい、ということで口コミやホームページでかなり支持されています。

 

そんなカナガンを、可愛いポメラニアンに与えると、果たして犬種的に、体に合うのか、また、美しい被毛を保つのにも有効なのか?について、カナガンの成分と比較しながら見ていきましょう。

 

 

カナガンの成分一覧とポメラニアンの特徴との関係性

 

 

まず、カナガンについての主な成分を一覧で挙げていくと、こうなります。

 

  • 骨なしチキン50%配合でとても高たんぱく質
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 穀物に代わる炭水化物として、さつまいもを配合
  • 海藻類などを配合しており犬の皮膚や被毛についてもケア
  • マリーゴールドやカモミールなど、犬のストレス軽減・リラックス効果などを考えた成分を配合

 

犬はもともとたんぱく質がとても必要な動物ですが、カナガンはそのたんぱく質の量がとても多いということと、体内への吸収率をさらに高める工夫をしています。

 

ポメラニアンも、体の健康バランスにとってたんぱく質は必要不可欠ですが、美しい被毛を保つためにも、実はたんぱく質はなくてはならない成分なのです。たんぱく質と他のビタミン類などが結びつくことによって、美しい被毛を保つ役割を果たすことがでるのですが、カナガンなら、海藻類などが配合されているのでたんぱく質とビタミン類・アミノ酸が結びついて、ポメラニアンの美しい被毛を保つのに、とても有効なドッグフードです。

 

グレインフリーについては、いまだに賛否両論がある部分で、穀物も少しは必要であるという意見と、さつまいものほうが腸内環境がよくなることによって栄養素の体内への吸収率が上がるためによいものである、という意見とにわかれるところですが、こらは飼い主さんの好みということになってしまいます。

 

 

その他、ポメラニアンとカナガンとの関係性としては、やはり「高たんぱく質である」ということが重要になってきます。確かに、たんぱく質が多いということは非常によいことなのですが、犬によっては量が多すぎて、次第に体調が悪くなる場合もあり、ポメラニアンは小型犬で体も小さいため、少し注意が必要になってきます。

 

 

ポメラニアンなど繊細なタイプの犬種は、ドッグフードの食いつきがあまりよくない、という心配事が起こることが多いのですが、カナガンは、犬種によってはとても食いつきがよくなるということでも知られているので、その点は期待できますよ!

 

ポメラニアンとカナガンは合うのか?ということについて、最終的に判断すると、かなり合うのではないでしょうか。一度与えてみて、もし愛犬が気に入ったようであれば、少しずつ量を増やしていきながら、愛犬の様子におかしな変化はないか(下痢をするなど)確認して、カナガン中心の食事にしてみることを、オススメします。

 

 

⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』 お試しの詳細はコチラ

 



 

 

 

⇒カナガンは小型犬におすすめ!トップページはこちらです。